スポーツ外傷・障害とは

スポーツをしているとき急激な外力が加わって起きる、捻挫や脱臼、骨折などは「スポーツ外傷」と呼ばれます。また、練習を繰り返したりすることで、局所の過度使用のため慢性に障害が起こるもの、例えば野球肘などは「スポーツ障害」と呼ばれています。

スポーツ外傷は、スポーツ中に大きな外力が一時的にかかって生じるものです。生じる部位、程度などはスポーツの種類によって様々ですが、しっかりと準備運動、ストレッチなどを行うことが予防するためには大切です。
運悪くこれらが起こってしまった場合、初期治療が重要です。

宮崎市 はればれ整骨院

先頭へ